スタッフ紹介

スタッフ紹介

■チームスタッフ(TS)とは

 京大男子ラクロス部には、選手やチームを支える「チームスタッフ(TS)」が存在する。

 TSは、マネージャー(MG)、トレーナー(TR)、オペレーター(OP)の3役職に分かれて、それぞれが専門性をもって活動している。それだけでなく、TS全体で審判活動や班活動にも積極的に取り組み、様々な面からチームに貢献する。チームが勝利するために、選手とともにTSも挑戦し成長し続けている。


☆TSリーダー・宮田眞緒より

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

 入学にあたり、皆さんそれぞれが思い描いている大学生活があると思います。私自身は、自分が部活のスタッフをやるなど初めは思ってもいませんでしたが、練習を見学したり先輩のお話をきいたりする中でビビッとくるものがありました。スタッフという形で、ラクロスを通じて、日本一になる。熱い部活には熱いスタッフの力が必要です。少しでも興味を持ってもらえた方、ぜひグラウンドに来てみてください!皆さんと日本一を目指せることを楽しみに待っています!


■マネージャー(MG)

 MGは現在4回生3人、3回生2人、2回生5人の計10人で活動。練習中はメニューの管理やビデオ撮影を行い、試合では選手と一緒にベンチに入ってサポートしたりスコアを取ったりする。PLに一番近いところで活動し、日々練習をより良くするために考え続ける。また、ビデオやスコアなどを通して、チームに貢献する方法を追求し続ける役職である。


☆MGリーダー・嘉田紗世より

 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!大学生活が始まり期待に胸を膨らませている一方で、不安を抱えている方も多いかと思います。

 さて、KULはあなたを後悔させません。なんでもできる大学生活、私たちと真剣に日本一を目指しませんか?

 まずは一度グラウンドへ来てもらい、KULのMGを体感していたたければと思います。部員一同、みなさんのことをお待ちしています!私に会いに来てね!(笑)



■トレーナー(TR)

 TRは現在4回生4人、3回生3人、2回生5人の計12人で活動。トレーニングメニューの考案と指導や、食事指導、怪我をした選手のリハビリテーションなど、フィジカル強化からコンディショニング管理まで多岐に渡る仕事をする。専攻は問わず様々な学部の学生が日々勉強し、幅広い観点から選手の体作りに密接に関わる。自分の取り組みが直接的に選手のパフォーマンスに表れるため大きな責任が伴うが、それだけのやりがいを感じられる役職である。


☆ヘッドTR・藤田優美より

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 KULの学生TRは日々学びと成長を繰り返しながら、本気で日本一を目指す選手たちと本気で向き合う組織です。学部も多種多様で、入部してからTRの勉強を始めた人たちばかりです。

 どうすれば京大生がスポーツで日本一になれるのか。食事?筋トレ?足の速さ?学生TRならではの柔軟な思考でこの問いの答えを一緒に探し求めてみませんか?まずは一度グラウンドに足を運んでみて、活動の様子を見に来てください!


■オペレーター(OP)

 OPは現在3回生1人、2回生2人の計3人で活動。運営の専門職で、「組織を作る」役職として活動している。仕事内容はスケジュール作成、情報管理、渉外、合宿運営、遠征、Bリーグ運営など多岐に渡る。このような組織運営だけでなく、チームのために全く新しいことを実行し、やり遂げることのできる役職でもある。変わりゆく時勢や環境に適応し、京大男子ラクロス部が強くあり続けるために必要不可欠な存在である。


☆OPリーダー・佐藤瑠奈より

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

 KULという100人規模のチームの根幹をなしているのが、我々OPです。組織運営に加え、チームのために自分のしたいことを形にできる、夢に溢れた組織です。

 待ちに待った大学生活、皆さんは何に捧げますか?勉強にバイトに、選択肢はたくさんあります。日本一への熱い気持ちをもつ仲間とともに過ごす、こんな選択肢はいかがでしょうか。少しでも興味を持った方、是非是非グラウンドに来てください!いつでも皆さんをお待ちしております!