スタッフ紹介

スタッフ紹介

■マネージャー(MG)

 MGは現在4回生1人、3回生3人、2回生2人の計6人で活動。練習中はメニューの管理やドリンクケア、ビデオ撮影を行い、試合ではプレイヤーと一緒にベンチに入ってサポートしたりスコアを取る。広報や会計、グッズ販売など、班活動にも積極的に取り組んでいる。日々チームに貢献できる方法を考えながら仕事に取り組むことのできる役職である。


☆MGリーダー・毛島凜乃より

 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。大学生活のスタートを切り、無限の可能性を秘めたみなさんは、これからたくさんの選択肢の中から4年間をどのように過ごすかを悩み、決断していくことと思います。

 この本を読み、そしてラクロス部員から話を聞く中で、その選択肢の中に、KULのMGとして、PLと同じ目線で日本一を目指す、という選択肢をぜひ加えてもらえればと思いますので、まずは一度グラウンドに足を運んでみてください!


■トレーナー(TR)

 TRは現在4回生4人、3回生5人、2回生3人の計12人で活動。トレーニングメニューの考案と指導や、食事指導、怪我をした選手のリハビリテーションなど、フィジカル強化からコンディショニング管理まで多岐に渡る仕事をする。

 専攻は問わず様々な学部の学生が日々勉強し、幅広い観点から選手の体作りに密接に関わる。自分の取り組みが直接的に選手のパフォーマンスい表れるため大きな責任が伴うが、それだけのやりがいを感じられる役職である。


☆ヘッドTR・清水さららより

 新入生のみなさん、御入学おめでとうございます。

 学生トレーナーとは何か。何をするのか。KULのTRは日々フィジカルについて学び、考え、深め、ラクロスというまだ和解協議にいかに生かすかを追究しています。学生トレーナーにできることを、学生トレーナーにしかできないことを、一緒に追い求めてみませんか?一度グラウンドに来てみてください。KULのTRの日本一に懸ける想い、全力で打ち込む姿をお見せします!


■オペレーター(OP)

 運営の専門職で、「組織を作る」役職として活動している。仕事内容はスケジュール、情報管理、渉外、合宿、遠征、Bリーグ運営など多岐に渡る。

 他にも定期戦での広報活動や班活動、審判活動などを率先して行うまさにオールラウンダーである。変わりゆく時勢や環境に適応し、京大男子ラクロス部が強くあり続けるために必要不可欠な存在である。


☆2回生OP・佐藤瑠奈より

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!OPはKULという組織の根幹をなしています。100人規模の組織を包括することに加え、自分なりに組織を新しくできることがOPの魅力です。まだまだ歴史は浅いですが、だからこそ、自分の夢を形にできます。

 他の役職のようにグラウンド上でPLに直接働きかけることは少ないです。しかし、日本一を目指すための環境づくりをになっていることは確かです。そして、OPの発展はKULの発展にもつながります。他とは一味違った面から、ぜひ一緒に日本一を目指してみませんか?いつでも皆さんをboxでお待ちしております!