スタッフ紹介

スタッフ紹介

■チームスタッフ(TS)とは

 京大男子ラクロス部には、選手やチームを支える「チームスタッフ(TS)」が存在する。

 TSは、マネージャー(MG)、トレーナー(TR)、オペレーター(OP)の3役職に分かれて、それぞれが専門性をもって活動している。それだけでなく、TS全体で審判活動や班活動にも積極的に取り組み、様々な面からチームに貢献する。チームが勝利するために、選手とともにTSも挑戦し成長し続けている。


☆TSリーダー・佐藤瑠奈より

 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!

 京都大学男子ラクロス部(KUL)では、選手だけでなくチームスタッフが活動しています。チームスタッフは、マネージャー、トレーナー、オペレーターの3役職があり、それぞれが専門性を深めつつ、協働していくことで、選手に最高の練習環境を提供します。1人1人が勝ちにこだわり、チームを日本一へと導く。これがKULのチームスタッフです。

 待ちに待った大学生活、皆さんは何に捧げますか?勉強にバイトに、選択肢はたくさんあります。日本一に向かって誠心誠意努力する仲間と共に過ごす、このような選択肢はいかがでしょうか。いつでも皆さんをお待ちしております!


■マネージャー(MG)

 MGは現在4回生2人、3回生5人の計7人で活動。練習中はメニューの管理やビデオ撮影を行い、試合では選手と一緒にベンチに入ってサポートしたりスコアを取る。どの仕事も練習や試合を運営し、チームが強くあるために必要不可欠である。日々チームに貢献できる方法を考えながら仕事に取り組むことのできる役職。


☆MGリーダー・寺尾美咲より

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

 私たちマネージャーは日本一になるための最高の練習環境を選手と一緒に作るべく、日々グラウンドで活動しています。マネージャーとしてどのようにタイムを管理して練習や試合を円滑に運営するか。どのようにビデオを撮れば選手が見て強くなれるのか。ぜひ一緒に考えてみませんか?

 グラウンドに来て、日本一に挑戦する私たちの活動を見に来てください!いつでもお待ちしています!



■トレーナー(TR)

 TRは現在4回生2人、3回生5人の計7人で活動。トレーニングメニューの考案と指導や、食事指導、怪我をした選手のリハビリテーションなどフィジカル強化からコンディショニング管理まで多岐に渡る仕事をする。専攻は問わず様々な学部の学生が日々勉強し、幅広い観点から選手の体作りに密接に関わる。自分の取り組みが直接的に選手のパフォーマンスに表れるため大きな責任が伴うが、それだけのやりがいを感じられる役職。


☆ヘッドTR・田中丹梨より

 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

 私たち学生トレーナーは、選手のフィジカルに最大限のアプローチをすることを使命としています。どうすれば京大生が日本一になれるのか。トレーナーとしてできることは何だろうか?。学生トレーナーならではの柔軟な思考でこの問いの答えを一緒に探し求めてみませんか?

 ぜひ一度、グラウンドへ足を運び、活動の様子を見に来てください!お待ちしています!


■オペレーター(OP)

 OPは現在4回生2人、3回生2人の計4人で活動。運営の専門職で、「組織を作る」役職として活動している。仕事内容はスケジュール作成、情報管理、渉外、合宿運営、遠征、Bリーグ運営など多岐にわたる。このような組織運営だけでなく、チームのために全く新しいことを実行し、やり遂げることのできる役職でもある。変わりゆく時勢や環境に適応し、KULが強くあり続けるために必要不可欠な存在。


☆OPリーダー・砂川杏樹より

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

 私たちオペレーターは100人規模の組織である京都大学男子ラクロス部の全体を把握しまとめあげる役割を担い、部として活動していくための基盤をつくっています。他のTSと比べるとグラウンドに出て活動することは少ないですが、自分が部活を回している、組織を作っているというやりがいをもちながら活動できる魅力的な役割です。

 京都大学男子ラクロス部が強くあり続けるために、皆さんの力が必要です。いつでもお待ちしています!