MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
2021 関西トップリーグトーナメント
2021年6月26日(土)13:40 @
京都大学 4
3 関西大学

1Q

今シーズン初の公式戦。貴重な試合機会ということもあり、チームの士気は高まります。最初のフェイスオフでは絶対的エース#77戸崎が勝利し、幸先の良いスタートとなります。しかし、#5飯泉や#39眞下らオフェンス陣が果敢にシュートを放つも流れを掴むことができず、ファウルによって人数不利の状況を迎えます。#2平林、#56鎌森の4回生を筆頭とするディフェンス陣の活躍により人数不利は耐えきりますがその直後、相手に先制点を許してしまいます。リードを奪い返すべく積極性を増す京大。#52立松のナイスパスカットからの勢いでオフェンスに転じると、ここぞとばかりに主将#11平木がシュートを決めます。スコア1-1となり、このまま1Q終了です。


2Q

1Qからの勢いをそのままに得点を重ねたいところです。#99馬場の力強いプレッシャーダウンからオフェンスに転じると、相手ゴールを脅かすプレーが続き#51森本のナイスパスを受けた#39眞下のニアシュートがゴール。アタック陣の見事な連携によりスコア2-1とリードを奪います。しかしその後は得点が続きません。ゴーリー#4堀江の体を張ったセーブ、#98道浦の俊足を生かしたナイスチェイスが繰り出されるものの、相手に2得点を奪われます。終盤にはファウルによる人数不利となり、なんとかボールを奪い返したところでQ終了です。スコア2-3の1点ビハインドで後半へ折り返します。


3Q

開始早々の人数不利の状況を無失点で切り抜けると、その後は勝利に向けて強気のプレーが光ります。#13豊田や#53大西が果敢にボールに寄り、グラウンドボールからオフェンス機会を生み出します。#17酒井の安定したパスや#77戸崎を初めとする4回生のシュートが炸裂するものの、惜しくも得点には繋がりません。#18長谷川もロングながらゴールを狙い会場は沸きますが、ネットを揺らすことはできず。大きなミスはないものの決定打にかけた3Qは、両チーム共に無得点で、試合は最終Qへと移ります。


4Q

何としても追いつき、更にはリードを奪わなければならない厳しい展開です。昨年怪我から復帰したフェイスオファー#7安部の活躍で京大オフェンスからスタートします。何度も好機を迎えますが、あと一歩で決めきることができません。一方、ディフェンスは安定した守りを見せて踏ん張ります。両チーム得点のないままQ終盤に入り、1点ビハインドの京大は追い込まれます。#18長谷川の見事なパスカットにより攻め込む機会を作るも活かしきることはできず、その後も激しい攻防が続きます。残された時間はたった2秒。誰もが奇跡を祈ることしかできなかったその瞬間、#13豊田のフィードを受けた#64多和田のニアシュートが鮮やかに決まります。試合終了を目前にして発揮された3回生の底力により、スコア3-3の同点として試合を延長戦へと持ち込みます。


延長戦

延長戦はどちらかが1点を決めた時点で勝利が決定するサドンビクトリー。応援にはより一層の力が入り、フィールドには緊張が走ります。ここで意地を見せたのが今シーズン部を引っ張る29期。#91岩谷が相手ゴールを脅かすショットを放ち、ゴーリー#56鎌森は確実に京大ゴールを守りきります。手に汗握る展開が続きますが、前半は得点が生まれないまま、後半へと突入します。延長戦後半は立ち上がりから京大オフェンスです。なんとか勝利を掴もうと攻め込みます。そして#77戸崎のパスを受けた#11平木のニアシュートが見事ゴール。決勝点となり試合終了です。スコア4-3と僅差ではありますが勝利を収め、次戦へと駒を進めることができました。


☆得点者

#11平木×2(内1点assist#77戸崎)、#39眞下(assist#51森本)、#64多和田(assist#13豊田)

Photo