MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
2018 Bリーグ 決勝
2018年10月13日(土)14:30 @立命館大学びわこくさつキャンパス
京都大学 1
3 立命館大学

1Q
最初のフェイスオフで負けるものの、相手のミスにより京大のオフェンスとなります。相手のプレッシャーダウンにより相手のオフェンスとなるも、相手の細かなミスを突いて#91木内(瑛)がボールを拾い、攻撃に転じ、#49小倉がショット。惜しくもゴーリーセーブとなりましたが、その後1分間の人数有利の状況となります。人数有利の間に#27渡辺と#29藤村が次々とショットを放ちますがセーブされます。プレッシャーダウンをきっかけに相手ボールとなると、そのまま相手のショットが決まり、京大側も何本もショットを放ち相手を追い込むも、0-1で1Qを終えます。


2Q
開始すぐに相手のショットが続きます。#98大石のプレッシャーダウンで一度流れが京大に戻ってくるも、ミスをきっかけに相手にボールを奪われ、そのまま相手のショットが決まります。しかしその流れを#33田中(義)がプレッシャーダウンにより断ち切ります。そして#53堀田がショット。ゴーリーセーブとなります。その後ラインアウトで相手ボールとなると、一気に相手に攻めこまれ、相手の得点を許してしまいます。#13伊賀のパスカットを機に、京大も攻撃を続けます。相手ショットも#4立花がセーブし、京大が相手を押していましたが、そのまま0-2で2Qを終えます。


3Q
2Q終わりの相手のファウルにより、人数有利の状態で3Qが始まるも、相手の攻撃が続きます。ここで、相手のキャッチミスを見逃さず、#75村尾がボールを拾い、一気に京大が攻めこみ、#45茂木がショットを打ちますが、惜しくも決まらず、再び相手の攻撃が続く苦しい展開となります。しかし京大のディフェンスが守り抜き、相手の得点を許しません。#40滝井のパスカットから、京大の攻撃が始まります。繰り返しショットを放つもなかなか決まらず、両者得点しないまま0-2で3Qを終えます。


4Q
#27渡辺がフェイスオフで勝利すると、京大の流れになります。相手オフェンスとなるも、相手ショットを#4立花がセーブすると、そのままオフェンスコートにボールが繋がり、#49小倉がショットを放ちます。このショットは決まらなかったものの、#53堀田がボールを拾いそのままショットを打ち、ゴールします。その後攻守交替が続くも、両者得点は決まらず、そのまま1-3で4Qを終え、京大Bチームは関西リーグ2位となりました。


☆得点者

#53堀田