Blog

ブログ更新情報


点を取るのが好きだ。これがラクロスに取り憑かれた理由のひとつであり、続けてこられた理由のひとつだと思う。でも、自分には実力が足りなかった。オールフレッシュマン、ウィンターでの得点、スタートは良かったものの怪我も重なり気づいたらC固定。試合にもあまり出れず、ただ練習をこなすだけの日々を送っていた。そんな自分がチーム事情で3年のGW合宿、Goalieに転向した。自分が下手ゆえにショットが体にあたり、日に日に...
続きを読む≫

2020年11月13日


ラクロス部に入部し、4年間ラクロスを続けるという高校までの自分からは想像もつかない選択をしたことで、犠牲にしてきたことは多くあるかもしれない。それでも、部活を通して色々な経験をすることができ、チャンスも与えてもらった。それなのに、自分がチームに貢献したと言えることはほとんどなく、チームのためにという姿勢が欠けていたように思う。ラクロスが下手で、他の部分で何かチームに貢献できているわけでもなく、楽...
続きを読む≫

2020年11月10日


小さいときから、主人公に憧れていた。だから、チームが優勝することよりも、自分がハットトリックを決める方が嬉しかったし、他のチームメイトが注目されているのが気に食わなかった。負けたけど自分は点を取ったからいいやと、本気で思っていた。主人公なんてものじゃない。タチの悪いエゴの塊だった。そんな自分を、ラクロス部は変えてくれた。悩みに真摯に向き合って一緒に考えてくれる人がいて、自分の強みに気づかせてく...
続きを読む≫

WRITER:小倉拓
2020年11月8日


これは私の、決意であり、記録の文章。みんなが知ってるかもしれない、知らないかもしれない、今の、私の考えていること。そんな、部の公式ブログに載せて良いものかという自分語りの文章なので、もし気になった人がいれば、この先も読んでみてください笑------------私はKULの部員のことが大好きだ。だから部活をしている。入部した理由も、KULの「人」に惹かれたから。そして、自粛中とてつもなくしんどかった時にフェードア...
続きを読む≫

2020年11月7日


とうとう自分もEmotionを書くことになりましたが、心の中で思っていることをこうして文章にすることは少し気恥ずかしいし、自分はそういったことを言語化せずにふわっとしたまま心に留めておくことが好きなので、ちょっと複雑な心境です。ただ、そうは言っても仕方がないのでちゃんと書いていこうと思います。では、書きます。本当に人生は何が起こるかわからない。たくさんの選択を繰り返し、いくつもの偶然が重なって今の自分...
続きを読む≫

2020年11月5日