Blog

ブログ更新情報


日本一になりたい。4年間変わらずに思い続けていること。全てが中途半端だった自分を変えたくて、自分の限界まで努力してどこまでいけるのか挑戦したくてラクロスを始めた。「日本一」なんて目指したことがない自分には、その遠さも分からなかった。ただ毎日朝から晩までグラウンドに通い、常にラクロスのことだけ考えた。僕には生まれ持った才能や高い身体能力、恵まれた体格はない。でも日本一になりたいという思いは変わらな...
続きを読む≫

2017年11月22日


勝つこと。 練習試合だろうがリーグ戦だろうが勝つ。相手が強かろうが弱かろうが関係ない。勝つ。 選手ではない俺が、今年常に意識してきたことだ。    日本一に憧れて、俺でもその力になれると思ってトレーナーとして入部したが現実は甘くなかった。 同期の選手たちが毎日うまくなっているのに、俺らは覚えた仕事の繰り返し。自発的に何かしようとしたが知識も何もなくて立っていることし...
続きを読む≫

2017年11月18日


3年前のリーグ戦出場停止。当時はそんなに悔しいことだとは思わなかった。純粋にラクロスが楽しい、上手くなりたい、そう思っていた自分にとっては、日本一とは遠い存在であったからだ。ウィンターステージでの敗北。フィールドに立っていられなかったことが悔しかった。どんなときでもフィールドには自分が立っていた。中心選手で活躍していた。そんな自分がベンチから見守ることしかできないことが何よりも悔しかった。そんな...
続きを読む≫

WRITER:牧隼
2017年11月16日


最初はただ日本一という言葉に憧れた。それを目指す先輩方の背中を追い続けた。フィールドでの先輩方の姿を見て、自分もいつかああなりたい。そう思ってただがむしゃらに練習を続けた。一回生の夏、自分たちが最高学年になっても公式の場で日本一にはなれないという事実が突きつけられた。それが原因でやめた同期も少なくない。確かに自分もそのことでラクロスを続けるかどうかも悩んだし、色んなことも考えた。大学四年間を懸...
続きを読む≫

2017年11月14日


自分でスポーツをする気はない。マネージャーは高校で満足した。適当なサークルで適度で楽しい大学生活を、そんなことを考えていた3年半前。高校時代の友人からラクロス部を教えられた。OPの存在を知った。最初はただOPって面白そう、KULの人たちと一緒にいられたら面白くなる気がする、そんなことしか考えていなかった。だから出場停止になったとき、それが何を意味するか正直よくわかっていなかった。なんとなく部活を続ける...
続きを読む≫

2017年11月12日