Blog

ブログ更新情報


三年前の春ラクロスというスポーツは僕達を魅了した。日本一を本気で目指すこのチームの一員となることに躊躇いは無かった。あの時思い描いた夢の舞台に理想の選手に少しでも近づけただろうか。ただ、夢が潰える事はとても容易い。二年間の公式戦出場停止。公式戦日本一のタイトルを決して手に入れられないというそれはそれは残酷な結末。そんな事実を受け入れる以前にラクロスすら思い通りに練習できない境遇に甘んじていた自...
続きを読む≫

2016年8月13日


Winter関西決勝vs立命14KUL最終戦vs早稲田15KUL最終戦vsFAL全てを賭けて挑んだ。絶対に勝ちたい試合だった。そんな試合に負け続けてきた。努力、覚悟、実力、集中、戦術、運…何が足りなかったのか。何がいけなかったのか。これまでの3年間はいつも最後に悔しさを残して終わってきた。だから今年の俺の野望。“京大の日本一を証明し最後に笑って終わる”もう負けたくない。これから先どんな試合でも、どんな相手でも勝ち続ける。「...
続きを読む≫

2016年8月13日


昨年は出場停止を受け止め、ゼロからスタートしたチームでした。周囲の方々からの支えがあったおかげで、純粋にラクロスに向きあうことができたシーズンとなりました。それでも最終戦を終えて目標との差を痛感した後、再び立ち上がり前に向かうことを自分では正直強く望めませんでした。関西、全国のトッププレイヤーと比べてしまうともう表舞台に輝くことのない選手で、一個人の挑戦に一体どんな価値があるのかと考えていまし...
続きを読む≫

2016年8月8日


日本一への思いに触れて、その言葉に憧れて入ったこの部活。結果が全ての勝負の世界に初めて身を投じ、今思えば、最初は“勝つこと”の意味さえ分かっていませんでした。1回生のときの私を見て、幹部になるなんて誰も想像していなかったでしょう。でも、そんな私を少しずつ変えた出来事。1回生の冬、新人戦の決勝で負けたときこの世の終わりのような顔をしている同期を見ていくら頑張っても最後まで勝たなければ意味がないんだ。...
続きを読む≫

2016年8月5日


2回生の夏、リーグ戦出場停止処分を受けたしかし、リーグ戦の"重み"も知らなかった日本一の景色の想像さえもできなかったから絶望感は無かった絶望できなかったただ、これから何を目指せば良いのか、チームがどうなるのかという不安何を考えれば良いのかわからなかっただから、とりあえずラクロスに打ち込んだラクロスしている時は、夢中になれるし、余計なことを考えなくていいから2回生の時はAチームのレベルについていくので...
続きを読む≫

WRITER:若山琳
2016年8月1日