Blog

ブログ更新情報


どうも!れみの紹介にあずかりました、さやです!笑顔が無邪気って素直に嬉しいです。やったあ。(ほめ言葉以外認識できない脳の構造してるので走る姿については触れないです)最近言われたショックな言葉は「なんかさやの走ってる姿ってこそっと『走らない方がいいよ』って言ってあげたくなる感じだよね」です。まあ端的に言うときもいということですね。れみはオブラートに包んでくれたけど。小学校の運動会のかけっこで最下位...
続きを読む≫
2016年11月4日


学生決勝の舞台に立っている「強い京大」を目の当たりにし、彼らでも勝てない相手がいることを知った3年前から始まった。一昨年、関西3位という結果に終わり、昨年、リーグ戦に出場出来なくても何とか目標に向かってがむしゃらになった。  そして今年 日本一のチームになる   そのために、成長するために、「克」つために、 「スタッフとして何をするか」 僕が3年間持ち続けた課題だ。...
続きを読む≫
2015年1月30日


『克』 今年のスローガンが決まった時、この言葉はとても重く感じた。 ー昨年度の自分にかつ。ー自分自身の弱さに打ちかつ。 私にとっての「克」は、この意味合いが最も大きい。   14KULから任してもらった幹部としての役職。練習試合を順調に勝ち進み、絶対に日本一を取ると意気込んでいた矢先にリーグ戦出場停止が決まった。 その時、私はチームのために何も出来なかった。 自分の弱...
続きを読む≫
2015年1月29日


いままでの3年間を振り返ると、わたしにとって4回生がKULそのものだった。  1回生のとき、負け知らずだった20期さんの試合をみて、わたしも駒陸の舞台に立ちたい、23期が4回生のときは早慶に勝って20期さんが日本一になれなかった悔しさを晴らしたいと思った。 2回生のとき、10月26日のB準決勝、11月3日のFinal3で大好きで憧れ続けていた21期さんの引退を目の当たりにして大きな挫折を味わった。それでも21期さ...
続きを読む≫
2015年1月28日


2012年5月、 自分を変えたい、日本一になれば変われるはずだと入部し大学生活を捧げた男子ラクロス部での日々はあと半年で終わろうとしている。 思えばこの3年辛いことの方が多かった。関大に負けてウィンター優勝の夢叶わず、Frコーチを胴上げ出来なかった1回生。 AチームにいながらもFINAL3のベンチに入れず、長居のスタンドで無力さを感じた2回生。 思うように成長できず自分のチーム内の立ち位置にもが...
続きを読む≫
2015年1月27日