Blog

ブログ更新情報


2017

17KUL Emotion~副将#8 牧隼~

3年前のリーグ戦出場停止。


当時はそんなに悔しいことだとは思わなかった。

純粋にラクロスが楽しい、上手くなりたい、そう思っていた自分にとっては、日本一とは遠い存在であったからだ。



ウィンターステージでの敗北。

フィールドに立っていられなかったことが悔しかった。


どんなときでもフィールドには自分が立っていた。中心選手で活躍していた。そんな自分がベンチから見守ることしかできないことが何よりも悔しかった。


そんな自分に日本一という言葉はさらに遠のいた気がした。まず上手くならなくてはと焦る一方であった。



年を重ね、出場機会が増えるにつれ、ことあるごとに思う言葉があった。


リーグ戦に出ていたらどうなっていたのだろう。


自分たちが練習試合で勝ったチームが全国大会で勝ち進む。

負けて悔しいのは当然だが、勝ったのに悔しいという感情を抱いた。



ラストシーズンも残り1ヶ月を切った。練習も数えるほどしかない。


負けたら終わりという逆境の中、チーム一丸となり勝ち続けてきた。


残すはFALCONS戦のみ。勝てば実質日本一だ。


自分には何が出来るのか、何をしたら勝利に貢献できるのか。


誰よりもショットが上手く、点がたくさん取れる訳ではない。

誰よりも1on1が抜ける訳でも止められる訳でもない。


いつも同期や後輩に助けられ、自分一人では何もできない。

俺が勝たせるなんてことは言えない。


だが、そんな自分にもできることはある。


ひとつひとつの武器で秀でた仲間を信じ、そいつらが最高のプレーをするための歯車となる。

それが勝利へと繋がるのであればどんなことでも厭わない。

全力で走り切る。



OB、OG、保護者の皆様をはじめ、KULを応援してくださるすべての方々に感動を届けよう。


最高の仲間と共にFALCONSを倒し、日本一という最高の景色を見に行こう。



超越。


WRITER:牧隼
コメント
名前

内容