Blog

ブログ更新情報


2021

21KUL Emotion 〜MGL 寺尾美咲〜

練習メニューを始めようと思った時にそこにボールがあって水分を摂りたいと思った時にそこにボトルがあって
練習が効率良く回るように時間が管理されていて
練習が終わってその日のプレーを振り返ろうと思った時にビデオがある
どれも私にとって当たり前のことである。

でも当たり前のことを当たり前のようにすることは意外と難しい。もっと視野が広ければ、もっと早く気づいていれば、もっと練習を上手く回せたのではないか、もっと綺麗にビデオを撮れたのではないか。何度も自分の不甲斐なさを反省する。

また、私が当たり前としていることは本当に学生日本一に向かっているのか。KULはまだ一度も学生日本一を達成していない。KULに入るまでマネージャー経験のない私が思いつく当たり前なんてたかが知れている。
学生日本一になるチームに相応しいマネージャーになるためには自分が思いつく限り当たり前の基準を上げるとともに、学生日本一に近づくために別の当たり前があるのではないか、そう考えて3年半仕事に取り組んできた。


1回生の時に行った全日本大学選手権の駒沢。私はベンチでタイムやボトルを管理するでもなく、ビデオを撮るでもなく、スコアを取るでもなく、受付にいた。グラウンドでするマネージャーの仕事以外にも部に貢献する方法がたくさんあることを実感した。
部員の活躍とチームの勝利を期待して入場していく保護者の方々やご友人、スポンサーの方々、そして
「全学いいなあ、羨ましい」
と話しながら入場していくOBOGの方々。その姿が脳裏に焼きついた。


KULが学生日本一を目指せること
大会関係者を始め多くの方々の協力によって公式戦が開催されていること
KULの活動を応援してくださる方々がいること
どれも決して当たり前のことではない。

日々の練習に加えて自主練を欠かさず覚悟を持ってフィールドで攻守に奮闘する仲間
度重なるスケジュール変更に対応し部の運営を担う仲間
選手を最高のコンディションでフィールドに送り出すべく試行錯誤する仲間
練習や試合の運営にビデオの撮影にグラウンドを駆け回る仲間
そんな同期や先輩、後輩とこれまで部活ができていること、そして明日からもできることもまた当たり前ではない。恵まれた環境にいるのだとつくづく思う。その全てに感謝して尊敬できる皆と1日でも長く部活をしていたい。何がなんでも学生日本一を獲りたい。

どんな状況であろうとも少しでも全学日本一の可能性があるならば、前を向いて進み続けるしかない。


コメント
名前

内容