Blog

ブログ更新情報


2020

20KUL Emotion ~HTR 藤田優美~


「学生TRは難しい」


この4年間で何度も考えた言葉。

そして何度も逃げに使ってしまった言葉です。



即効性のあるトレーニングは少ないし

たくさん食べても体重が増えないPLはいる

どれだけ怪我予防をしても、怪我人は出る

リハビリを経て復帰しても再受傷してしまう


PLの努力が報われないのを見るのがつらかった。そして自分の実力不足、努力不足を常に痛感した。


昔から難しいことを考えるのが苦手で、壁にぶち当たると思考停止する癖があった。

学生TRは正解がなくて難しい、というのを言い訳に考えるのを何度も途中で投げ出した。


TRとして何が求められているのか、それにどう応えることができるのか。

どう応えられているのか。


分からず、TRとしての自分の存在意義を自問する日々。

非正規練活動の審判活動にやりがいを見出し、心の逃げ場にしていた時期もあった。

そんな自分が嫌だった。



そんな自分から変わりたい。そう思えたのはやはり同期の存在が大きかった。

各種mtgではもちろんのこと、日々の活動において、「正解のないこと」について幾度となく思考を繰り返し、お互いに意見をぶつけ合い議論し、高みを目指していたみんな。

そんなみんなを見る度に、自己嫌悪に陥りはしたがそれ以上に刺激を受けた。


落ち込んでいる時には励ましてくれるみんな。時には厳しい意見をくれるみんな。各々の想いを胸にラクロスと向き合うみんな。

そんなみんなを心から尊敬し、常に支えられてきました。本当にありがとう。そして私もみんなを支えることに尽力したい。そんな想いで4年間やってきました。


KULに所属している理由はたくさんある。

一度決めたことから逃げ出したくないから。大学の4年間を何かに注ぎ込んだと言いたいから。憧れの先輩方の背中に追いつきたいから。勝ちたいから。

日本一になりたいから。


だけど

28期のみんなと、心を震わせるような最高の瞬間を共有し、一緒に笑いたいから。

私の中ではこれが一番大きいです。



1人のTRとして、そしてHTRとして、KULにどのような変化をもたらすことができたのかは正直分かりません。あの時こうしていれば、もっとこんなことにも挑戦していれば、などの後悔は挙げだしたらキリがないです。


それでも、KULに入部したことを後悔したことは一度もありません。

この4年間は本当に、最高に楽しく、素敵な時間でした。


引退まであと2週間。実感はまだありませんが、

できることを、できるだけやり、残された時間を大切にしようと思います。



最後に、この場をお借りしてラクロスを通じて出会えた全ての方々に心から感謝申し上げます。


特に私をKULに勧誘してくださった先輩方、本当にありがとうございます。


いつでも味方でいてくれて、応援してくれた両親。本当にありがとう。


29.30期TRのみんな。頼りない4回生だったかもしれない。不満もあったと思う。でもついてきてくれてありがとう。みんなとても頼もしかったです。TRとしての自分の在り方について同じように悩んでいる子もいるんじゃないかなと想像でしかないけど勝手に思ってます。この場でこんなことを言うのは変な気はするし、無責任に聞こえるかもしれないけど、TRはKULをもっともっと強くすることができると思います。あと2週間一緒に頑張りましょう。そして来年以降も色々と挑戦していってください。


那由、美桜、ひかる。

朝は弱いし、仕事は遅いし、だめだめな私だったけどいつでも側にいて支えてくれてありがとう。みんなとだったから今まで乗り越えてこれたと思ってます。これからもよろしく。




最終戦まであと2週間。


引退が決まるその瞬間まで。




コメント
名前

内容