Blog

ブログ更新情報


2020

20KUL Emotion 〜TSL 宮田眞緒〜


えんじ色に染まった駒沢のスタンドが、ずっと忘れられなかった。


倒さなければいけない敵なのに、どこか憧れてしまうのが悔しかった。


相手が、京大との試合よりさらにその先の社会人を見据えていて、「勝って当たり前」と思われていたことが嫌で仕方なかった。




「日本一を目標とするチーム」の試合を初めて観たその日、KULの一員になることを決意した。高校時代から留学には行こうと思っていたし、受験から解き放たれて思う存分遊んでやろうとも思っていた。が、そんな気持ちがあっという間に覆ってしまうほど、一気にKULに引き込まれていった。


少しずつ仕事ができるようになっていって、同期や先輩とも仲良くなって、楽しかった。

同期の上達が、嬉しかった。

ラクロスを観るのが、面白かった。


でも、「学生日本一」を目前にしたあの場所で、大きな壁にぶつかった。そしてそれが、その後の原動力になった。



「常に貪欲に」



チームスタッフとして、選手の期待に応え、与えられた仕事を卒なくこなすことは当然だ。でもそれだけの存在なら、日本一になる上で私はチームに必要ない。2年間ちゃんとやってきたつもりではあったが、いかに自分が指示待ち人間だったかを痛感した。


プレーによって評価され、少しでも上手くなろうと毎日試行錯誤を繰り返す選手に対し、スタッフの自分は平均的な仕事しかしないというのでは不釣り合い。勝利に必要な人材となるために、積極的に、多面的にチームに関わるようになった。日々の仕事は、機械的に繰り返すのではなく、自分らしく、何かしらの工夫を。練習外でも、ある日突然思いついてチームロゴを作ったり、Bリーグの運営をしたり、応援してくださる方々との関わりについて考えたり。

試合で得点する。Aチームに入る。目に見えてわかる選手の成長や活躍と違って、スタッフである私がチームの中でどんな存在へと変化しているのか、チームに何を与えられているのかを感じることは、自分にとってもみんなにとっても難しいのかもしれない。

でも、勝利に近道がないのは選手もスタッフもきっと同じ。どんなに効率的な手段があったとしても、それが単にスタッフの省力化であってはならない。

泥臭さだって必要。

チームが日本一になる、そのためなら何でもやってやる、19KULではそんな気概で足掻いていた。



貪欲に。


その想いは今だって変わったわけじゃない。


けど、ラストイヤーは想像以上に苦しかった。

それまでだって、辛いことがなかったわけではない。いつもニコニコ楽しそうな人、そう思われていたかもしれないが、しんどい場面だってもちろんあった。でも、圧倒的に人手が足りず体力的にしんどい真夏の練習なんか、根性でなんとでもなったし、先輩に「28期の代じゃ日本一になれない」なんて言われたときだって、見返したくってむしろ必死になれた。


でも、最後の1年はスタッフリーダーという誰も経験していない立場からチームと向き合う状況の中、延々と活動自粛が続き、さすがに苦しかった。

辛いと思うことがあるたび強がって、zoomではいつも元気なフリをしていた。どうやったら自分の力でプラスの方向に持っていけるのか、誰かに相談できるわけでもなく、悩みに悩んだ時間は苦しかった。

練習が再開してからも、数々のルールの中みんなに呼びかけるのに必死で、一歩引いて考えないとやってられない場面が多く、自分自身が楽しむことを忘れかけた時間もあった。本当は、ラクロスが大好きな選手のみんなに、1本でも多くのショットを打ってほしかったし、1回でも多く1on1をやってほしかった。自分の中で、「熱さ」と「責任感」をうまく掛け合わせるのは難しく、葛藤の日々。

リーダーなのに、人に厳しくするのは苦手で周りの顔色をうかがってしまう私を、同期や後輩が不満に思ったことだって一度や二度ではないだろう。



だけど、どんな状況でもここまで食らいついてこれたのは、間違いなく「日本一」という目標を投げ捨てなかったからだ。そこへのこだわりが、自分を奮い立たせてきた。そのためになら、どんな当たり前の仕事でもバカにできない。例えばビデオを撮るにしても、どこぞのスタッフよりもブレない質の高いものにしてやろうとか、立場に関わらずこだわり抜くよう心掛けてきた。

代々引き継がれてきた想い、そしてあの駒沢での悔しさを晴らしてやるまでは、何があっても力を抜くことなんてできないと思ってきた。



20KULは、28期は、可哀想な代?

そんなこと1ミリも思わせたくない、思いたくもない。

今シーズンの試合は、勝っても負けても不思議な感情が生まれてくる。勝てば、例年通りなら自分たちはどこまでいけたんだろうかというもどかしさ。負ければ、こんなんじゃ「日本一」たるものにふさわしくないという情けなさ。

でもそれらは、まだ完全に出し切れていないことの証拠なんだと思う。



関西覇者としての重圧の中、時にぶつかりながらも共に闘った27期さん

私たちをKULへと導き、1部復帰のその年に駒沢を教えてくださった26期さん

圧倒的なラクロスで魅せ、KULなら日本一を掴めると信じさせてくださった25期さん

輝かしい時代も、苦しい時代も、KULを強くし続けてくださったOB・OGの方々


1人1人がしっかり自分の考えを持ち、個性が光るたくましい29期

2回生ながらチームのことを熱く考え、やる気に満ちた30期

この状況下でもKULに仲間入りしてくれ、成長著しい31期


私たちの取り組みを理解してくださり、常に応援してくださった保護者の方々


そして、4年間共に喜び、共に悔しい思いをし、どんな時も支え合ってきた大切な大切な同期



多くの想いと共に、駒沢のスタンドを、今度は濃青で染めてみせたかった。

2年前より、チームとして大きくなって、今度は自分たちが「その先」に行きたかった。



それが現実として叶わないのなら、それと同じだけの感動を、熱いものを。KULの歴史にしっかりと刻みつけたい。


心の底からやり切ったと言えるように。

あと5日。

最後まで、全力で、貪欲に。


コメント
名前

内容