Blog

ブログ更新情報


2020

20KUL Emotion 〜TR木内那由〜


この時期になると、携帯がたくさん鳴ります。emotionの投稿への"いいね"の通知です。

毎年たくさんの方が見てくれているのを実感します。公式Twitterにログインしている特権です笑

いつもありがとうございます。本当に嬉しいです。




何を書くかとても迷いました。

4年間の振り返り?今の気持ち?引退に向けての言葉?

みんなemotionで色々なことを書きますが、私は自分が4年間やってこれた理由を書こうと思います。



「なぜ部活をしているのか?」


正直部活は本当にしんどかったです。金銭的な不安、体力的なしんどさ、部外の友人と予定が合わず疎遠になっていく寂しさ、自分の無能感と劣等感。全てが辛く、何度も夜1人で泣きました。


でも、辞めませんでした。理由はなんだろう?ずっと自問してきました。


その答えは、部員への尊敬の気持ちがあったこと。そしてたくさんの方が支えてくださったからだと考えています。



みんなが努力している姿は、本当にかっこいい。練習はもちろん、自主練にも励み、自分の体のケアや食事など生活全てをラクロスに注いでいるPL。KULのことを誰よりも考えて、PLが最大限活躍できるように一生懸命に努力するTS。

その姿はキラキラと輝いていて、とてもかっこよくて。逆にその姿が眩しすぎて、自分に影を落としたこともあって辛い時もありました。でも、その輝きから離れたくなかった。

尊敬する部員の皆と一緒にいたい、頑張りたい、私もそうなりたい。その一心でKULにいます。



そして、その思いに加え、私を支えてくださる方がたくさんいたから頑張れました。

KULの保護者さんは、一生懸命応援してくださっています。差し入れや応援メッセージを下さったり、部員1人1人の名前を覚えて話しかけて下さったり。ボランティアで写真を撮ってくださる方もいて…。こんなに保護者さんが応援してくださる大学生の団体ってそんなにないんじゃないでしょうか。月並みな言葉ではありますが、皆さんのご支援・ご声援が私の励みです。本当にありがとうございます。


次に、25期さん・26期さん・27期さんを初めとするOBOGの皆さん。

お忙しい中、観戦や試合速報を見てくださったり。現役の活動をコーチさんやOB理事として支えってくださったり。たくさんの方がKULを応援してくれて、支えてくださっています。

これは当たり前のことではなく、特別なことだと日々実感しています。

私は広報に携わっていますが、「いつも見てるよ」という言葉に何度救われたかわかりません。

いつもありがとうございます。

皆さんがいてくれたからこそ、今のKUL、そして私があります。



そして父と母へ。

ろくに帰省もせず、偶に連絡してもお金の無心ばかりでごめんなさい。支えてくれてありがとう。引退までの後少し、甘えさせてください。



最後に、28期TRのひかる、みお、ゆーみん。

3人がいてくれたから、頑張ることができました。私をいつも引っ張っていってくれています。たくさん迷惑をかけてごめん。いつもありがとう。

これからも一緒に頑張りましょう。




自分のことのように応援してくださる保護者の皆さん。

KULを組織面でも精神面でも支えてくださるOBOGの方々。

いつも優しく私を支えてくれた28期。

頼もしく28期を支えてくれる後輩のみんな。

皆さんがいるから、私はここにいることができます。

本当にありがとうございます。感謝してもしきれません。KULに入って良かったと心から思います。



引退まであと数ヶ月。

KULから離れるのはとても寂しいです。それでも、みんなと笑って終えられるように、最後まで頑張りきります。




コメント
名前

内容


jojo
2020-10-21 23:12:25

いい文章や。

悔いないようにね(^.^)