Blog

ブログ更新情報


2020

20KUL Emotion ~#0 荒神良樹~


「なんでラクロスやってるの?」


今まで4年間、幾度となく周りから投げかけられて、そして自分自身で投げかけてきた言葉だ。


4年前、ラクロスのかっこよさ、競技性の面白さに惹かれこの部活に入部した。

「自分もこんなに上手くなったら面白いやろなぁ」

そう思って入部を決意した。


だが元来不器用で、フィールドスポーツ経験も皆無な自分にとって、ラクロスは想像以上に難しく、上達が遅れた。


周りとの差に疎外感を感じ、上手くならない日々にしんどさを感じていた自分は、「何故ラクロスをやっているのか」と思うことも多々あった。周りからも聞かれた。その時は答えがはっきりと言えなかった。


それでも続けてきたのは、間違いなく、ラクロスという競技に惹かれているからだと思う。


特に、点を取った時の感覚は格別だ。


ゆれるゴールネット

うなだれる相手

湧き起こる歓声

駆け寄ってきてくれるチームメイト達

鳥肌が立ち、力があまり入らないあの感覚

頑張ってきて良かったと思える瞬間だ。


これらは全て、ラクロス以外ではなかなか味わうことができないと思う。


あの感覚をもっと味わいたい。そのために練習を続けてきた。


自分の置かれている立場では、試合に出ることは難しい。だから、毎日の練習が真剣勝負だった。上手くいかない時は本気で悩んだ。


自分が上手くなることで、俺以外の奴らにも発破をかけることができ、チーム全体のレベルアップにも繋がると考えた。


コロナ渦で正規練ができない時期も、モチベが下がることはなかった。ラクロスが上手くなりたい、その一心で練習を続けてきた。一緒に練習してくれたとぅーりおには本当に感謝している。ありがとう。


「なんでラクロスやってるの?」


答えを一言で表すのは難しい。だが、自分なりの答えは持てていると思う。


あと2ヶ月、結果を残すことでしか生き残れない立場に立たされている自分にとって、恐らく今までで1番しんどい2ヶ月だろう。


上手くいかないかもしれない。


最後どこにたっているのかもわからない。


怖い。


だが間違いなく、こんな熱い経験ができるのはこの先二度とない。最高だ。だったら頑張るしかないだろう。


尊敬出来るライバル達に勝ちたい。

活躍したい。点を取りたい。あの快感をもっと味わいたい。


そのために俺は、明日も練習へ向かう。


コメント
名前

内容