Blog

ブログ更新情報


2019

MG 寺尾美咲

なちゅりーから度々紹介に与っているみいみいです。

多くの方が何を書こうか困るという日記ですが、私も例に漏れず日記に書けるようなことがない日常を送っています。前の人からの紹介にあやかって冒頭で字数を稼ごうとしていたのですが、日記の順番が発表された時点で諦めていました。なちゅりーの紹介はいつもいいことを書いてくれるのですが、話題には繋がらなそうだなと思っていたからです。そしてなちゅりーが日記を更新した、とのことで読んでみると途中から嫌な予感がしました。似ている芸能人、言われたことないです。せっかくいいパスもらったのにごめんね、なちゅりー。本題に移ります。


よくありがちなネタですが、先日母校に行く機会があったので甲南女子高校について書きます。兵庫県にある中高一貫の女子校で、通称が「南女(なんじょ)」なのですが、愛知県の南山女子も「南女(なんじょ)」と呼ぶらしく、入学当初「南女(なんじょ)出身です」と言うと一瞬どっちの?という空気になることも。次第に「甲南女子出身です」と言うようになりました。

甲南女子のいいところは校舎が綺麗なところです。私の学年がちょうど中学に入学する時からこの新しい校舎を使用していますが、西宮にある某ショッピングモールに似ていると言われています。吹き抜けになっているのと、廊下の床がカーペットになってるいるからでしょうか。

また、元々土グラウンドだったのを人工芝に張り替えていました。100周年を記念して、とのことらしく最近完成したばかりです。緑の芝生に白い文字でKonan Girls'とまで書いていました。驚きです。

ただ人工芝が熱くなるので、体育大会で一部裸足で競技をする高校生には割と不評らしく、対策を考えているところらしいです。


このように設備を頑張って整えている甲南女子ですが、この校舎やグラウンドに辿り着くにはとても急な坂道を登る必要があります。

写真の奥の方に見えるのが正門です。

神戸は山地と海の間が狭く、東西の移動は比較的平坦で川を越えたりするくらいですが、南北の移動となるとすぐに高低差が出ます。その中でも甲南女子の前にある坂、通称「地獄坂」は神戸の急坂·勾配ランキング(神戸新聞調べ)で6位を記録するほどです。最高勾配19.0%らしいです。

京大には例年片手に収まる程の人数しか行かないのですが、今年は0人だったので高校の後輩を新歓するというのは叶いませんでした。来年に期待です。あわよくばKULにも南女生入って欲しいです。


次は人当たりの良さ抜群のテレビです!

テレビよろしく~



コメント
名前

内容