Blog

ブログ更新情報


2019

#39 眞下開地

アーモンドから紹介に預かりましたカイヂです。チノパンのお尻の部分がパンパンなのはSサイズを頼んでしまったからです、、身長が低いのに見栄をはってLを注文するのは恥ずかしいなぁと思ってSにしたのですが余計に恥ずかしい思いをしました。どうやらSは小柄なスタッフ用だったようです。27期さんが引退する時に貰える事を祈っています。



さて本当に書くことがありません。そもそもオフの日は徒歩30秒のセブイレと自転車で5分の生鮮館、気が向いたら筋トレしに体育館に行くぐらいしか外に出ないので日記のネタになるような事が生まれません。なのでベタではありますが僕の母校について紹介しようと思います。


僕は洛星高校という京都の中高一貫の男子校に通っていました。部内で僕の他には30期のアート君も洛星出身です。この学校は他の学校とは少し変わった特徴があるのでそれをいくつか紹介します。


①圧倒的浪人率

僕の代は2/3が浪人で、ひとつ上の代は3/4が浪人でした。ここまで浪人する学校はほとんどないと思います。原因としては危機感を全く感じないことですかね、現役の入試を下見感覚で行く人もいます。同期でセンター試験会場で大富豪して怒られてる人さえいました。


②年代によって評価がバラバラ

実は昔はすごい学校だったんです。京大にも60〜70人受かっていましたし、30年前には100人以上受かった年もあります。なので京都に住んでる50歳以上の方からの評価は非常に高いのです。反対に20歳前後の人からはいい評価は聞いたことがありません。特に京都の公立高校(堀川、洛北、西京等)出身の人からの評価は最悪ですね。


他にもいろいろ特徴はありますが、色んな意味で面白い同期ばかりでした。陽キャも陰キャも楽しめるいい学校だったと思っています。今でも40人ぐらいは毎年京大に来てるので是非ラクロス部にも来て欲しいですね。


さて次は、仕事のキャパは同期一、先輩からの信頼も厚い瑠奈です。よろしく!


コメント
名前

内容