Blog

ブログ更新情報


2019

TR 飯田なつみ


アスカさんから紹介に預かりました、29期TRのなつみんです。日焼け対策に命とお金をかけています。最近では「オーストラリアの日差しに負けない」という売り文句に心惹かれてUVカットの帽子を買いました。日焼け止めも部位によって4種類くらい使い分けているので大変です。。


29期トップバッターということで、同期と比べられることもないので気楽にいこうと思います。


ある日、暇な授業中にtwitterを徘徊していたところ興味深いツイートを発見しました。

IMG_6328.jpeg


わが母校です。まさかtwitterでこの名を目にするとは思っておらず少し嬉しくなりました。「限界名門校」いい響きです。「名門校」って初めて言われました。

ここに書いてあるのは私の1つ下のとても優秀な代のことです。偏差値62なんて私の学年では信じられません。某s台の模試で学年偏差値が47だったときに開かれた集会での進路担当の先生の顔を今でも覚えています。。


そんな限界高校でも何個か自慢できることがあるのですが、個人的には校内に古墳があることが一番の自慢です。保健室に古墳のラインが引いてあります。「十六夜古墳」という名前もお気に入りです。

あとは、まあB'zの稲葉さんの母校というくらいでしょうか、、、


B'zの稲葉さんで思い出しましたが、高3の夏、私は夏休みの補習をサボる代償として模試を受けさせられていました。

その日がちょうどB'zの何十年かぶりの地元凱旋ライブということで178ナンバーの車が津山市内をたくさん走っていました。模試の最終科目、世界史を受験していた私は、「ハディース」という単語があと少しで思い出せるというところに来ていました。その時です。外から「そして〜、かっがやぁく、、うるとらそうっ!へいっっっ!!!」という野太い声が聞こえてきました。もう終わりです。全てが消え去りました。

模試が終わって自転車置き場に向かっている時にサングラスをかけて革のショートパンツを履いたロングヘアーのおじさんに写真を頼まれましたが無視してしまいました。

熱狂的なファンを持つ方の母校というのはいいことばかりではないということを学びました。


むっちゃしょうもない感じで終わりますが、私の任務は後に続く同期にプレッシャーを与えないことだと思っているのでこんくらいしょうもなくていいんです。



さて、お次は限界名門校ではなく、リアル名門校六甲出身のおこうくんです、おこうパーリナイ!


コメント
名前

内容