Blog

ブログ更新情報


2019

#19柿本崚地

#88西山くんからバトンを受け取りました、#19りょーちです。彼から紹介されたように、僕は四六時中ギターを弾いています。寝ている時とご飯を食べている時とラクロスをしている時とお風呂に入っている時と掃除をしている時と講義に出ている時とレポートをしている時と移動している時と遊んでいる時と動画を見ている時と暇な時以外はもうずっとです。


また、ここで#88西山くんの日記の内容について少し触れますが、僕はにわかながら、乃木坂46のファンであった時期がありました。橋本奈々未さんや鈴木絢音さん、大園桃子さんを応援していましたが、自分の中のブームが去るまで、とうとうライブに行くことはありませんでした。一度行ってみたかったですね。


といったところで、本題に入ります。今回は何を書こうか前置きを書きながら考えていましたが、知られざる秘境、僕の地元福井県について皆さんにご紹介しようかと思います。


○ど田舎

僕の地元敦賀は、海があり、山もあり、娯楽施設はほとんどない典型的など田舎です。電車やバスは通学通勤で使われることはほとんどありません。利用者が少ないので本数がありえないくらいなく、そのため利用者がいなくなるという負のスパイラルにしっかりハマっています。



○山も海もある

上に書いたように、狭い中に山も海もあり、山でキャンプファイアができれば、海で海水浴もできます。毎年海で開かれる花火大会では人口とカップル数が跳ね上がります。多くの人が浜で好きな子と一緒に花火を見て友達に見つかって学校で冷やかされることを楽しんでいます。

そんな話はいいとして、この地形の弊害についてお話します。海と山が狭い町に両立しているということは、標高の高低差がすごいということになります。僕は山の方に住んでおり、高校は海のそばにありました。結果、ママチャリでの平均通学時間は行きが20分、帰りが40分であり、朝は坂をすごいスピードで駆け下り、帰りは坂を必死こいて上る毎日でした。僕の登校のベストスコアは13分です。もうこれで終わってもいいという制約と誓約の元の激チャリの末になし得たタイムでした。あの疾走感は後にも先にも感じることはないでしょう。次やったら確実に事故を起こしてしまいます。


ちなみに中高6年間共に坂を上り下りした相棒のママチャリは、京都に来て2年目の春に盗まれてそのまま行方知れずです。どこかで元気でやっているといいのですが。



○海鮮

マイナスポイントだけでなく、一応良い面ももうすこし書いておきましょう。高校への通学路にドンと佇む海鮮市場『日本海さかな街』では、港直送の魚介を扱う鮮魚店や水産加工品の店があります。海鮮丼のお店が立ち並び、めちゃくちゃ美味しい海の幸を楽しめます。海鮮が好きな方はGoogleマップで写真を見てみてください。一度行ってみたくなること請け合いです。


福井県というか敦賀についての紹介になってしまいました。住むには娯楽にかけますが、帰省するにはいいところです。旅の目的地にはならずとも、金沢方面へお出かけの際の寄り道として、是非福井県に立ち寄って海鮮を味わったりしていただければ幸いです。


そんな福井県のお隣の滋賀県で爆誕、京大理学部に突如現れた才色兼備のプリンセス、MGさよぴのブログです!乞うご期待。


コメント
名前

内容