Blog

ブログ更新情報


2019

#9 古谷健悟

ご紹介にあずかりました、しょうなんです。

飄々としているのでしょうか、自分的には結構満身創痍で必死にもがいている状態です。早く内定もらって就活終わらせたいですが、まだまだ先になりそうですね。。。

さて、今回は就活の話でもしようかと思います。残念ながらこれという成功談がないので、失敗談や冷やっとした体験でも綴ろうかと思います。

①某企業の内定者イベント

   某企業の内定者の方々が主催している就活イベントがあり、座談会形式で就活相談的なものだと思って行きました。しかし、行ってみるといきなり模擬面接をするといわれ、内定者一人に対して就活生4,5人ぐらいでグループ面接が始まりました。面接の準備を何もしておらず、また、面接をまだ1回もやったことがなかったのでそれだけでも緊張するのに、同じグループに我らがダービッツ君や、他大のラクロス部のOFリーダーの方がいたりと緊張感マックスでした。当然何の準備もしていなかった私は、自分でも何を言っているんだろうというぐらいぼろぼろでした。しかし、この経験のおかげでその後の面接が、これに比べたら緊張せずに落ち着いて受け答えができるようになったので今になってはよかったと思っています。

②Webテスト 

  • まずは1社目。本選考のWEBテストを受けるためにテストセンターを予約したのですが、日程を勘違いしていてテストを受けることができませんでした。「無断で欠席した場合は、もう二度と受けることができませんのでご注意ください」と書いてあり、これは終わったと思いました。しかし、志望度がそこそこ高い企業だったので諦めきれずに、人事の方に直接謝罪メールを送り、なんとか再受験することができました。


  • 続いて2社目。これはインターンの選考の時に受けたもので自宅で受験するタイプのものです。このインターンに行けたら本選考がとても有利になるようなインターンで、エントリーシートも結構気合いを入れて書きました。書き直しをいっぱいしていたために期限がぎりぎりになり、エントリーシート提出後に受けるWEBテストも期限当日に受けることになりました。期限当日は受験している人が多く、アクセスが集中しているために、テストが途中で止まってしまいそのまま強制終了されてしまいました。再受験することもできずに泣く泣くそのインターンを諦めざるを得ませんでした。

  このほかにもスケジュール管理の甘さからセミナーなどをドタキャンすることが何度かありました。これから就活する方への教訓になればいいかなと思い、この辺で終わりたいと思います。


さて、続いては、私とは違いしっかりと順調に就活が進んでいそうなめいめいです。めいめいよろしく!


コメント
名前

内容