Blog

ブログ更新情報


2018

18KUL Emotion ~HTR 西村美咲~

「チームスタッフとして日本一を達成する」


この信念のもと、大学生活4年間をこの部に捧げることに決めました。



高校の時マネージャーとして所属した部活で達成した「日本一」。

ただ、その「日本一」に自分がどれほど貢献できたかわからず、胸を張って自分を日本一のマネージャーだということはできませんでした。


ただ所属するだけでは日本一は掴めない。


チームスタッフはフィールドに立つことができない分、その立場からチームを勝たせることがいかに難しいかを、私は誰よりも知っている自信があります。


でもチームスタッフであるからこそ、できる勝利の実現の仕方が数多くあることも、誰よりも理解しています。



ただのサポートではない、直接的に勝利を掴む。


私は一番にこのことに拘ってきました。




今シーズン、ヘッドトレーナーとして、チームを日本一に導くことに決めました。


そして、そのために私は「誰よりも努力する存在であり続けること」を年始に誓いました。



「誰よりも」

このことを体現する上で、いろんな人の努力を知りました。



グラウンドにいつ行っても、ひたむきに自主練を重ねる姿。

ボックスに行けば、どうすれば上手くなるかビデオで研究を重ねる姿。

日本一の組織を作るために何が必要か、話し合い考え続ける姿。



その全てが私を奮い立たせました。


この仲間とともに日本一を達成したい。

そのために自分にはもっとできることがあるはずだ。


その一心で、この一年間部活に向き合ってきました。





今年、悔しい思いも何度もしてきました。

苦しい状況を変えることのできない自分の無力さを、歯がゆく感じることもたくさんありました。


それでも、この一年間、一貫してこの姿勢で部活に向き合えてきたのは、やっぱりラクロスという競技を、KULのことを好きな気持ち、そしてこのチームで日本一を獲りたいという強い思いがあるからだと思います。


結局は、「努力」することは「全力で楽しむ」ことと同じでした。

そしてその結果が勝利に繋がったときの言葉にできないほどの喜びのために、更に前に進んでいくことができました。





ついに来週ファイナル4の舞台に立ちます。


今年は特にたくさんの挫折を味わいましたが、その分成長していくチームを見てきました。

このチームを私は信じています。


そして、私には、チームのコンディションは自分が一番把握しているという自信と、それを全て管理しているという責任、そしてそれに対するプライドがあります。


だから、このチームのパフォーマンスを最大限に引き出せるかどうかは、チームスタッフである自分次第だという自負もあります。



まだまだ自分にはやるべきことがある。



信じた仲間たちと、渇望し続けた日本一を掴むため。

最後まで全力で。


コメント
名前

内容