Blog

ブログ更新情報


2018

#88 西山直輝

TR江崎から紹介されました#88インティです。普通の人間であれば顔が大きいという紹介に対してツッコミをいれるのでしょうが僕は入れません。もう20年余りをこの顔のサイズ感で過ごしてきたためそこを指摘されても何の感情も抱くことはなく、むしろ顔がでかいということを記述したことによって江崎さんの洗練されたブログが少し冗長なものとなってしまったことに対して一抹の申し訳なさを覚えます。


以下ブログを続けます。


さて僕はKULでは珍しい実家生なのですが、今回は実家生のあるあるや悩みについてお話ししていきたいと思います。


実家生あるある①


・雨オフ判断の連絡が来たときには既に京大周辺にいる


これは実家生全員に共通して言えることだと思います。朝の練習の雨オフの判断は幹部陣によって練習開始直前になされます。しかし僕たち実家生は練習開始の1時間以上前から家を出なければならない人も多く、雨オフが決まった頃には既に京大周辺にいるということがほとんどです。雨オフにしたくないということでギリギリまで判断を待つ幹部陣の気持ちはわかるのでどうしようもないことだとは分かっているのですが、可能であれば練習開始の1時間半前までに判断が欲しいです。わっきーさん早起きしてくれへんかな~。


実家生あるある②


・年末年始などみんなが帰省しているときにヒマ


僕たち実家生には帰省という概念がありません。そのため年末年始などみんなが帰省しているときに自主練や昼飯の相手が少なく寂しいです。でも別に地元に友達がいないわけではないです。少なくとも#43の伊藤くんとは高校からの仲なので友達だと思ってます。彼ももちろん実家生です。


実家生あるある③


・結局みんな実家が好き


学校まで遠いとかみんなと晩御飯いっしょに食べれないとか空きコマで昼寝したいときに寝れるところないとかまあ他にも色々不便だなと思うことはありますがそれでもみんな一人暮らしをしないのはみんな結局実家が好きだからです。実家にいればご飯は出てくるし洗濯もしてもらえるし冷蔵庫見たら何かしら食うもの入ってるしマジで最高です。親への感謝の気持ちを忘れずにラクロス(と勉強)を頑張りたいです、という月並みな言葉で締めさせてもらいます。


29thも実家生が多く、家が遠くて大変な人も多いと思いますが実家生の地位向上のためにも遅刻ゼロで頑張って欲しいです。僕も頑張ります。


最後に28th実家生の絆フォト載せておきます


さて次は、常人の8倍の胴体の長さを持つ男#49フライングです。よろしく!


コメント
名前

内容