Blog

ブログ更新情報


2018

18KUL Emotion 〜MG 村林奈保〜

3年前、日本一という言葉の漠然とした格好良さと、先輩達の雰囲気に惹かれて入部しました。


入部して1番良かったと思うことは、この部活に入らなかったら出会えなかったたくさんの人達に出会えたこと、その人達と一緒に喜びや感動、苦しみや悔しさを共に味わうことができたことです。

落ち込んで自信が無くなる時、部活と向き合うのが辛い時、一緒に愚痴を言ったり励ましてくれる人、厳しい言葉で前を向かせてくれる人、プレーや仕事ぶりで背中を押してくれる人


部活が楽しくて仕方ない時、一緒に楽しんでくれる人、一緒に何時間もどうしたら組織が良くなるか、何が部活のためになるか話し合ってくれる人


振り返ってみれば、たくさんの先輩、後輩、そして何よりも同期と過ごした時間で私の大学生活は成り立っています。


大学生活の集大成、自分に、この部活に関わってくれた全ての人に恩返しをしたい。皆んなと一緒に勝ちたい。そして最後まで頑張って良かったと、自信を持って自分に言いたい。


どうしてMGなのか、この疑問には何度も直面しました。でも、

グラウンドに通る大きな声が出せた

先を読んでスムーズに練習が進められた

ビデオで誰よりも情報量多く喋れた

冷たいお茶入れて喜んでもらえた 

誰も気づいていない部分に気付けた

自分なりにいい動きができた時はその日1日が幸せな気持ちになります

そしてこの自己満足が、チームの日本一に繋がっていると信じています。


悩んだり苦しい時期もあったけど、自分の動き1つでチームを勝利に近づけられる、マネージャーの仕事が誇らしいし、大好きです。


ここでしかできないこと、私だけの役割を与えてくれたこの部活が大好きです。

引退まであと少し、最後まで走り抜きます。



コメント
名前

内容